熱意が重要です

塾講師には向いている人と向いていない人という適正があります。もちろん勉強が出来る方の方が出来ない方よりも優れているのは間違いないとは思いますが、塾の講師の場合には、勉強ができるだけでは務まらない部分があるのです。塾講師に最も必要な物は熱意です。塾講師は当たり前にはなりますが、生徒に勉強を教えることが仕事内容の全てです。

わからない生徒に対してわかるように指導をする事は並大抵の難しさではありません。人に何かを教えるという事は、塾講師がどんなに一生懸命教えたとしても、 内容を教室の生徒が100パーセント理解してくれることはありあせん。特に最近では親に言われて無理矢理塾に通っている方も少なくありません。そんな生徒の場合には、総じて学習意欲が低く、こちらの指導内容が伝わりにくいのは仕方がない事なのです。

しかし、生徒自身に学ぼうという気持ちが低かったとしても、義務教育ではないので自主性と掃いて捨てる事はできますが、お金を貰っていますので、成績を上げなければいけないのは間違いありません。そんな時に重要になってくるのが熱意なのです。塾講師側に情熱がなければ学習指導は成功しません。一度伝えて伝わらなかったからとあきらめるのではなく、何度でも伝え続ける情熱や根気が無ければ塾講師は務まらないのです。