生徒に寄り添える

塾講師には熱意が必要な事をご紹介しましたが、その他にも重要な適正という物があります。その中でも特に重要になってくるのが、生徒の気持ちになれるという事です。中学生や小学生などの塾講師になる場合には、学校の先生と比べて年齢が近いのでより一体感を出す事ができます。そのため、生徒との信頼関係を築いて寄り添うような姿勢を貫くのはとても重要になります。

塾に学びに来る生徒は一人一人個性が違っています。ハッキリ言ってしまえば、理解力はもちろん、適した指導方法も違っているのです。その際にどうして理解できないのかをしっかりと調査し把握した上で、最も適した勉強方法を指導するのが寄り添うという事です。その生徒がつまずいている所はより丁寧に教えたり、理解が早い場合には、少し上の問題にチャレンジさせて、自主性を高めるなどの方法が重要になってきます。

もちろん集団授業の場合には、個人につきっきりという訳にはいかないかも知れません。それでもプリントを作成したり、質問する時間を用意したりなど、全員がしっかりと理解できる方法は沢山あります。こうすれば理解できるだろうという思い込みや固定観念を持ちやすい方は、注意しないと大きな失敗に繋がってしまいます。